東京で賃貸住宅を借りる場合に大切な礼金と敷金

賃貸契約を結ぶ時には、借り主が大家に対してお礼の意味で支払う礼金があります。礼金は、お礼の意味で支払うものなので、部屋を解約したとしても、大家には返還の義務がありません。東京近郊では、この礼金や敷金は2ヶ月分を支払うことが一般的になっています。最近では、礼金が1ヶ月分の物件や、敷金や礼金もなしという物件も出てきてはいますが、まだまだ数は多くありません。

特に、東京の世田谷あたりの賃貸物件ではほとんどの礼金が2ヶ月分になっています。礼金を1ヶ月分やなしにしなくても、借りる人が集まってくるからです。反対に、礼金が1ヶ月分やなしの物件は、物件が古かったり駅から遠かったりと、条件が悪いと思った方が良いと思います。

礼金以外にも敷金というものもありますが、敷金とは法律的に賃料の債務を保証する目的で授受される一時金とされています。ですから、家賃や公共料金が未払いのまま退去した場合や、借り主の不注意によって室内の修理が必要になってしまった場合にその代金を大家が敷金で支払うことができます。ですが、このような債務を弁済した後の残りの金額は、借り主に変換されます。しかし、現実はこれらのこと以外に敷金を使ってはいけないことになっていますが、一般的な契約書にはリホーム代金について大家と借り主が折半で支払うと書いてあることが多くなっています。ですから、この敷金返還についてイヤな思いをしたことがある人も多く、東京で賃貸物件を借りる時にも注意が必要になります。

Category: 賃貸カテゴリ一覧2011-07-042011-07-04 2011-07-04